Hello with good-bye MJ

マイケル・ジャクソンを思いっきり愛するブログです。妄想多々あり。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誇り高き魂を受け継ぐ者

昨日のグラミー授賞式でのマイケルのトリビュートパフォーマンスの後、マイケルの子供達が舞台に上がりパパに代わって賞を受け取りました。
私はWOWOWに入っていないので先程Youtubeで動画を観ました。
「また気持ちが7ヶ月前に戻ってしまう」と、観るのをためらっている人に声を大にして言いたいです。もちろん、そうじゃない人にも。

これは観るべきです。マイケルの子供達、プリンス君、パリスちゃんが立派にマイケルの魂を受け継いでいる姿を観るべきです。マイケルが愛したファンの皆さんこそが、どうか彼の魂を、”今”現在生きている魂を感じてほしいです。

携帯の方

プリンス君

「父マイケル・ジャクソンに代わってこの賞を受け取ることを誇りに思います。」

「最初に、この7ヶ月間、僕たちを見守ってくださった神に、そして愛し支えてくださった祖父と祖母に感謝します。それからファンの皆さんにも。父はいつもそこにいてくれたファンの皆さんをとても愛していました。
父はいつも地球と人類について心配していました。父が懸命に働き捧げたことを通して多くのチャリティを支えすべてのチャリティに寄付をしました。父のすべての歌を通してのメッセージはシンプルです。"愛"です。
僕たちは引き続きこのメッセージを伝え続け世界を助けて行きたいと思います。ありがとう。We love you Daddy.」

パリスちゃん

「パパは昨年ここに来てパフォーマンスするはずでした。でも出来ませんでした。皆さんありがとう。パパ、愛してます」

右手に腕章のついた衣裳。これはマイケルが「世界中の子供達を救う証」という意味で頻繁に付けていたもの。

grammys-jackson-kids-013110-6.jpg

ブランケット君は、会場には来ていたそうですが舞台には上がらず(出れなかった?)幕袖に

grammys-jackson-kids-013110-5.jpg

関係ないけど、バッチリ3Dメガネかけて「アースソング」を嬉しそーに縦ノリで聴いてたりプリンス君のスピーチを手を合わせて心配そうに見守ってるビヨンセに親近感。きっと彼女この瞬間1マイコーファンに戻っとる。

スポンサーサイト

Comments


« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

チャー

Author:チャー
当ブログは、チャーが管理するマイケル・ジャクソンファンブログです。
知れば知るほど、マイケルの魅力、素晴らしさにあわあわウホウホしている毎日です。
生前は知ろうとしなかった分、精一杯マイケルを知って愛していこうと思っています。マイケル関連のイラスト、マンガをうpしてます。全体的に妄想多し。妄想系が苦手な方は広い心で見逃してやってください。
その他ときおりクラシックバレエ関連も。

リンクフリー。報告は任意です。

《チャー》
北海道在住の20代女。精神年齢は一桁。
最近、マイコーのお嫁さんになることを夢見続ける決心をしました。
好きな言葉はマイケルが言う「I Love You」。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。