Hello with good-bye MJ

マイケル・ジャクソンを思いっきり愛するブログです。妄想多々あり。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パパジョーのこと。

マイケル自伝『ムーンウォーク』を見ていて、私のジョーパパに対するイメージがどんどん良くなっています。
そりゃ、そんな事をするからマイケル達に嫌われるんだよ…といった行動は否めないですが、ただの厳しすぎるだけの親父だったらあんな素晴らしいグループは生まれないし子供達は上達もしないですよね。何故厳しくするのか、何故上手く歌えなかったら父の拳が飛んでくるのか、きっとパパジョーなりの愛が子供達に伝わっていたからあそこまで長く皆に愛され成功したグループに成長したんだなぁと。マイケルは、『ムーンウォーク』の時点では"父に感謝はしているが、未だに良い関係は築けていない"と言っていますが、ラトーヤ発言によると、近年は仲直りをしてお互い良い関係だったそうです。
パパジョーの喋っている所や映像はあまり見たこと無いのですが、2005年の裁判の時、マイケルが腰を痛めて病院に居て半ば脅される形で裁判所に呼ばれた時、パジャマ姿のまま来たマイケルの横にパパジョーが居て、腰が痛むのか老人のようにゆっくりと歩くマイケルに手を貸そうか貸すまいかためらっているパパジョーがやけに印象に残っています。素直に手を貸してあげればいいのに…不器用な人だったのかなぁ
世間では"モンスターパパ"(確かにお顔は怪獣顔ですけども)とか"虐待した"とか言われてますけど、子供を虐待するっていうのは理由の無い親からの理不尽な暴力を言うのではないでしょうか。確かに厳しすぎたのかもしれないけれど、ひとえに虐待というのは違う気がします。本当の内情など誰にも分からないのではっきりとした事は言えませんが、マイケルが"許して"、"歩み寄って"、"父を理解した"結果、良い関係を築けていたのならそういう事なんだと思います。
スポンサーサイト

Comments


« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

チャー

Author:チャー
当ブログは、チャーが管理するマイケル・ジャクソンファンブログです。
知れば知るほど、マイケルの魅力、素晴らしさにあわあわウホウホしている毎日です。
生前は知ろうとしなかった分、精一杯マイケルを知って愛していこうと思っています。マイケル関連のイラスト、マンガをうpしてます。全体的に妄想多し。妄想系が苦手な方は広い心で見逃してやってください。
その他ときおりクラシックバレエ関連も。

リンクフリー。報告は任意です。

《チャー》
北海道在住の20代女。精神年齢は一桁。
最近、マイコーのお嫁さんになることを夢見続ける決心をしました。
好きな言葉はマイケルが言う「I Love You」。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。