Hello with good-bye MJ

マイケル・ジャクソンを思いっきり愛するブログです。妄想多々あり。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Life Of Aicon」感想

見ました「Life Of Aicon」。

心配するような内容では全然なくて、まあキャサリンとかティトとかの言葉で話されてるのですからそんな心配はしなくて良かったんでしょうが、製作側も誠実に作ってくれてるなあと思いました。

ドキュメンタリーなので今までのファンの方にわざわざオススメするまでもないかもしれませんが、マイケルをあまりよく知らない、これから知りたいという方に「ドキュメンタリーを見るならコレ!!」と私はお薦めしたいです。

agng
この写真が出てきて嬉しかったw




・・でひとつ言いたいのですがね。
若干インタビュー内容についても書いてますので畳みます。


 

どうしてドキュメンタリー物でインタビューされた人ってああも「マイケルは○○○と思ってた。だから○○したんだ。」とかね、さも自分のことのように言い切るんでしょうかね?訳し方なの?それとも英語って言い切る表現しかないのでしょうか?マイケルはもう何も言えないのだから故人の感情について確信を持って言い切れることはあり得ないと思うのですが。
なので私は全て話し半分で聞くことにしています。誰でもそうですけどマイケルの心の中なんてマイケルにしか分からないですもんね。



あとデヴィット・ゲストなる人物が、どうしても私の中で一歩引いたところで見てしまう。あの大阪の派手なおばちゃんテイストの服装がそう思わせるのかw
いや、やっぱりこの人「ん?」って思う言葉がありました。

30thコンサートで、ホテルから出るのが困難な状態だったマイケル。その原因は腰の痛みがひどくて鎮静剤デメロールを打っていたから。なかなか会場に現れないマイケルを迎えにホテルに行ったフランク・カシオの証言です。「行きたくないんだろ?」と言われたマイケルは無言だったそうです。
あのコンサートは前々からファンの間ではマイケルは風邪を引いて熱があり調子が悪かったのではなど色々と噂されていたそうですね。その状態を知ったコンサートのプロデューサーを務めていたデヴィット・ゲストは「何を打ってもいいから出て来い」と。
・・・・コンサートの責任者に言わせたら誰でもそうなるのでしょうか。お金がかかって客も詰め寄せている本番当日ですからね。でも・・・じゃあマイケルは?それはマイケルのSOSじゃないの?誰も聞いてあげないの?
こんな私が言っても何も始まらないですけど、デヴィット・ゲストはなんだかな~と個人的に思った次第でした。



あ、ひとつじゃなかったですねw
切ない部分もありますけど、いろんな人からのマイケルの話が聞けるのは楽しかったです。
あとメゼロウ氏ファンとしてはお声が聞けて嬉しかったww
スポンサーサイト

Comments

こんばんわぁ(:D)╋┫ 
感想うp待ってましたー!!
ちゃーさんのオススメという事で、購入の検討を始めました◎
出遅れファンなのでww


でも、決めつけたような表現て所には少し不安を感じます。。
訳し方なんですかねぇ 英語分かったらなー。くっそーぅ(`Å`;)
マイケルは周りの勝手な解釈や決め付けで辛い事もあっただろうに、
そろそろ受け取る側に左右されず、ありのままをありのまま
受け入れられるようになって欲しいなーなんて思いますねぇ
そう思うと迷いが。。
でも、実際にマイケルと関わりのあった人たちのお話だし
やっぱり聞きたーい!!し、これも私の受け取り方次第って事ですよねー

あ、私も後ろのプリムンが良かったな。。
でも、譲っちゃいます◎
その代わり前は私ですよーww
ふふ。あの卑猥な暴君はあたいのだもん(σ´◇`)σ
★ぴょるさん 
なんの参考にもならない感想ですみません…(〒∀〒)


某キングオブポップのなんたらとかいう映画とかよりは内容がちゃんとあると思います。ああそうだ、郷太さんの「新しいマイケルジャクソンの教科書」ってあったじゃないですか。存在意義(って偉そうですけどw)はあれに近い。ドキュメンタリー部門でこれから浸透してってほしいで賞(だから偉そう)。


マイケルだけの事柄に限らず、情報を鵜呑みにはしていきたくないですね。特に英語だと、訳に頼ってしまうから余計に。
でも、決めつけた表現だなあと思ったのは私が神経質すぎるだけかもしれないのであまり気にしないでくださいね!



ヤッタア後ろのプリケツが私の物に!!(゜∀゜)なにそれなにそれなにしてもいいのあの黒パンと地肌の間にピッチリ挟まるパンツになってもいいの!?キャホー!!
ぴょるさん、前の暴君がどんな具合だったか是非とも教えてくださいね。ニヤニヤ。

« »

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

チャー

Author:チャー
当ブログは、チャーが管理するマイケル・ジャクソンファンブログです。
知れば知るほど、マイケルの魅力、素晴らしさにあわあわウホウホしている毎日です。
生前は知ろうとしなかった分、精一杯マイケルを知って愛していこうと思っています。マイケル関連のイラスト、マンガをうpしてます。全体的に妄想多し。妄想系が苦手な方は広い心で見逃してやってください。
その他ときおりクラシックバレエ関連も。

リンクフリー。報告は任意です。

《チャー》
北海道在住の20代女。精神年齢は一桁。
最近、マイコーのお嫁さんになることを夢見続ける決心をしました。
好きな言葉はマイケルが言う「I Love You」。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。