Hello with good-bye MJ

マイケル・ジャクソンを思いっきり愛するブログです。妄想多々あり。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなた次第。

先日、大西さんの訳詩ブログ「マイケルの遺した言葉」で「Superfry Sister」がUPされたのですが、「わーおマイコーそんな・・・!イヤン[E:heart02]」的な歌詞でして(いえ、素晴らしいメッセージソングであるのですが女子の本能が素直に受け取れませんでしたw)。

そして、その中の訳注で大西さんが「どう広く取るかはあなた次第。」とおっしゃったところがあるのですよ。



それを見て、マイケルは常々そういう「あなた(受け取り手)次第」なメッセージを出してきていたのではと思いました。



Shunさんの「マイケルのココロ」のこちらの記事を見てもそう思いました。

HIStory・ティーザー(マイケルが軍隊のような一軍を引き連れて人々に手を振る有名な映像)について考察されている一文だけ、引用させていただきます。Shunさんの記事を是非全文お読みください。

* * * * * * * *



ヒストリー・ティーザーといえば、一見、軍隊の行進風の光景として
知られていますよね。ぱっと見た感じでは、マイケルが将軍として歓迎を受ける、
「ナチス的」にも見えてしまいそうな映像。
でも、その図像学的な意味を考えて見ると、
最初に映る抑圧の映像から、笑顔の映像への転換、
マイケルが笑顔と握手で迎えられること、そしてマイケルの職業を考えると、
彼は音楽(愛)の象徴として描かれていて
映像全体は音楽(愛)による人々の解放を意味するのではないか、と思い始めます。


* * * * * * * *



ティーザーの映像を初めて見た時、母が「マイケルって軍隊とか好きだね~」と言ったんです。それを聞いて、たしかに軍服とかは好きで着るのかな~とは思いましたがあのマイケルが「軍隊が好き」というのはとっても違和感がありました。
Shunさんの記事を読んで勝手に大納得しております。


マイケルは「愛の戦士」だったのか!

398.jpg


それから「Don't Stop Till You Get Enough」リリース時、曲を聞いたキャサママが「マイケル、この歌詞はちょっと・・・誤解を呼ぶのではない?」とマイケルに言及したところマイケルは「僕はそんなつもりで書いたんじゃないけど、別にそう受け取るなら受け取っても構わないよ♪にこっ」と答えたそうです。(※マイケルの言葉など記憶違いでしたらすみません。)

このエピソードもティーザーのことも含め



どう広く取るかはあなた次第

なんですねマイコー!


ということで「Super~」の歌詞、遠慮なく広く取ります!!

スポンサーサイト

Comments

 
早速、大西さんのところでチェックして来ました!
歌詞カードになぜこの曲載ってないのか?と不思議でしたが知りたい欲から必死に聞き取ってもニポンジンだし部分的にしか理解出来ずにいたから嬉しかった→そして激烈ビクリしました!!
ほんと、なんつーんですか、女子の本能が受け取り方をねぇ…(ニヤニヤ)
たまらんですマイケルさすが。イヤーン。全然イヤじゃないですけど。
ドンストップ…歌詞のキャサママとのやりとりも素敵。このエビソード大好きです!
MOUSOUMagagineや写真館的なもの(歯の白い人・横顔シリーズなど)も大大大好きですがこういうチャーさんの考察も大好きです。いつもOh…と胸に手を当て(ここマイケル意識してます)インスパイアされてます☆
今夜はSUPERFLY SISTERS聴きながら眠りにつくZE!!
シーツ、鼻血で真っ赤でも気にしないZE!!!
 
マイケルが軍服を好んでた理由は個人的に、大天使ミカエルも意識してたんじゃなかろうかと、思ったりもします。
当然と言えば当然なのですけれど、大天使ミカエルは、絵画や彫刻で表現される時はおおむね、甲冑を身に付けてる場合が多いので。
マイケルはこちらの想像を制限しない所が、魅力の一つだなぁと思います(*^_^*)
 
チャーさん、カンバンハ!
Superfly Sisterの歌詞、意味深ですね!キャー!
歌詞って作った人のみぞ知る、っていうものもあるので、この曲ではそんな部分をマイコーは楽しんだのでしょうか、などと思ってしまいました。
ところで、こんなところで何なんですが、凛々さんのところのダイヤ柄祭のチャーさんの作品見ました!!!
すごい力作で、素晴らしいです!!!
私もブログのHNのくりきんとんで、「マイケル版ダイヤ柄」などという、全く気のきかん安易なコメントで、これまた安易にネットで見つけた写真を出品いたしました。
せめて、せめてコメントだけでももうちょっときちんとした文章で出せばよかった…と反省しております。
また素敵な絵を描いて下さいね!
お疲れ様でございました!
 
なるほど・・・そうでしたか(軍服)
『愛の戦士さ!』←キューティーハニー風で申し訳ないです。
さちえさんのおっしゃる、ミカエルにも頷けます。
michaelって名前はアメリカで3番目に多いらしいですね。
アメリカではマイケル
フランスではミッシェルが大天使ミカエルのようにと
名づけると、聞いた気がします。(嘘だったらごめんなさい)
Superfry Sisterの歌詞ですが
キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!ですね。(笑)
ただただ、驚いてます。(/ω\)イヤン
 
パリミキさん>>
>そして激烈ビックリしました!!
インクロやデンジャとはまた違う生々しい表現にビックリですよね!
>ほんと、なんつーんですか、女子の本能が受け取り方をねぇ…(ニヤニヤ)
ねぇ??(´ii`)←鼻血出とる
「特技」が気になりすぎて夜も寝られませんよw
>イヤーン。全然イヤじゃないですけど。
はい。むしろ「特技」を大披露してもらってもかまわn
>ドントストップ…歌詞のキャサママとのやり取りも素敵。このエピソード大好きです!
ペコちゃんばりにペロッと舌を出して「そう取るんなら取っても構わないよ♪」と言っていると尚良しですね♪(妄想スイッチ入)
>いつもOh…と胸に手を当て(ここマイケル意識してます)インスパイアされてます☆
全く持って言いたいだけ、やりたいだけの記事(MOUSOUが良い例)を書いているだけなのでたまに突拍子もない事を言っていると思いますが…、ありがとうございます!アラビュー!!(^ε^)/~v←負けじとマイケル意識。
>シーツ、鼻血で真っ赤でも気にしないZE!!!
赤だった、私のシーツは赤だった、と言い聞かせるんだ
 
さちえさん>>
>当然と言えば当然なのですけれど、大天使ミカエルは、絵画や彫刻などで表現される時はおおむね、甲冑を身に付けている場合が多いので。
そういえばそうですね…!さすがさちえさん、観察力、思考力が半端ないです…!
真実は分からないけど、マイケルのする事には全て裏付けがあると思っているので、単に好きだったんだとしても「こうだから好きなんだ」というはっきりとした理由がある気がしますね。
>マイケルはこちらの想像力を制限しない所が、魅力の一つだなぁと思います(*^_^*)
そうですね!前にさちえさんが記事にしていらっしゃいましたが、受け取り側の想像力が試されてもいるんですね。まさに芸術。裸で踊る芸術を「素晴らしい」と思うか「エロい」と思うかは受け取り側次第。ああマイケルって考えれば考えるほど深いです(-"-;)
…まぁただ純粋に作品を楽しむのが一番ですよね♪(←穢れる気満々
 
栗栗さん>>
カンバンハ~!
>歌詞って作った人のみぞ知る、っていうものもあるので、この曲ではそんな部分をマイコーは楽しんだのでしょうか、などと思ってしまいました。
そうそう!マイコー、どんなに「WAO[E:heart01]」な歌詞で「え!そんなマイコー・・・!」な歌詞でもどこか楽しんでるとこありますよね絶対w
そこがこっちも楽しいから純粋に作品として楽しめるんでしょうか^^*
>ところで、こんなところで何なんですが、凛々さんのところのダイヤ柄祭のチャーさんの作品見ました!!!
すごい力作で、素晴らしいです!!!
わーわーお恥ずかしい(´◇`;)ありがとうございます!お2人を描くのはとても緊張しましたが・・(特にフレディ)勢いで送り付けてしまいましたYO!
素敵な盛り上がりようでしたねダイヤ柄祭り♪
>私もブログのHNのくりきんとんで、「マイケル版ダイヤ柄」などという、全く気のきかん安易なコメントで、これまた安易にネットで見つけた写真を出品いたしました。
やっぱり栗栗さんだったんですね!
ダイヤ柄祭り連絡所でも書きましたが、玄関ホールで待つマイケル(凛々さんコメント)にキュンキュンしましたよ!あのあとすぐにキングをお迎えした女中はわたし( ^ω^ )ふぉふぉふぉ
>せめて、せめてコメントだけでももうちょっときちんとした文章で出せばよかった…と反省しております。
また素敵な絵を描いて下さいね!
お疲れ様でございました!
今後もああいう企画が開かれるといいですね!また皆さんで盛り上がれたら素敵♪凛々さんぜひお願いします(こんなところで。しかも超他力本願)。
 
サムさん>>
>なるほど・・・そうでしたか(軍服)
『愛の戦士さ!』←キューティーハニー風で申し訳ないです。
「月にかわっておしおきよ!(セラムン)」ムーンウォーカーなだけに!
うまくない?うまくない?(うまくない。)
>さちえさんのおっしゃる、ミカエルにも頷けます。
michaelって名前はアメリカで3番目に多いらしいですね。
アメリカではマイケル
フランスではミッシェルが大天使ミカエルのようにと
名づけると、聞いた気がします。(嘘だったらごめんなさい)
ほえーー(゜◇゜)そうなんですか!
そういえばアメリカのドラマとか番組を観てるとよく「マイケル」が出てきて、耳に入るたび光速で反応してしまいますものね(ね?)。
しかし自分・・・こんだけ無知でよくあの記事を書けたものだわ・・。スビバゼンorz情報ありがとうございます!
>Superfry Sisterの歌詞ですが
キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!ですね。(笑)
ただただ、驚いてます。(/ω\)イヤン
モヒャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!ですよね!
曲だけ聴いたら、インクロほど色っぽい声を出してるわけでもなく、ドラムの効いたリズムでノリノリで聴けるのに・・・・あの歌詞!強烈な得意技が気になりすぎて夜も寝られないのです助けてくださいサムさん・・!w

« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

チャー

Author:チャー
当ブログは、チャーが管理するマイケル・ジャクソンファンブログです。
知れば知るほど、マイケルの魅力、素晴らしさにあわあわウホウホしている毎日です。
生前は知ろうとしなかった分、精一杯マイケルを知って愛していこうと思っています。マイケル関連のイラスト、マンガをうpしてます。全体的に妄想多し。妄想系が苦手な方は広い心で見逃してやってください。
その他ときおりクラシックバレエ関連も。

リンクフリー。報告は任意です。

《チャー》
北海道在住の20代女。精神年齢は一桁。
最近、マイコーのお嫁さんになることを夢見続ける決心をしました。
好きな言葉はマイケルが言う「I Love You」。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。