Hello with good-bye MJ

マイケル・ジャクソンを思いっきり愛するブログです。妄想多々あり。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラック・ミュージックとマイケル


前にも紹介した番組BS「世界のドキュメント」をなるべく見るようにしてるんですがね。この前は「ソウル・ディープ」というブラック・ミュージックについての番組を6回シリーズで再放送されているのを見ました。

ジェームス・ブラウンやレイ・チャールズ、スティービー・ワンダーなどわたしでも知っているブラック・ミュージックの代表的な歌手を紹介しながらその時代の背景も合わせて知れて勉強になりました。
印象に残ったのはJBの時代の暴動が止まない激しい世の中。その激しさ、黒人の方の行きようの無い不安や不満がそのまま音楽にぶつかったようなJ・Bのソウル。そのあと時代は変化していって、ソウル・ミュージックも変わっていきます。しかもJBの前にはR&Bがあって、レイ・チャールズがゴスペルとR&Bを融合させたりと本当にいろいろな形のブラック・ミュージックを時代は生んでいっていました。
でもやっぱり、JBのあの激しいボーカルとステージパフォーマンスは一度見たら忘れられません。子マイケルが夢中になったのも納得です。



考え深かったのは、黒人の方が自分達の生きる権利、平等に仕事が出来る権利を勝ち取るためにもがいていた激動の時代にマイケルは子供時代を過ごしていたこと。デビューする前、JBのステップに夢中だった頃。

キング牧師の暗殺やあちこちで起きる警察と黒人の衝突。そんな世界をその目で見てきたマイケル。黒人の歴史とブラック・ミュージックは切っても切り離せないほど密接に繋がっていて、闘う黒人の気持ちを歌手が歌にして世界に発信する。だから政治的にマークされたりとまた厄介な事になったりもしていましたが。。

幼いマイケルはもしかしたら最初は歌の意味は分かっていなかったかもしれない。ですがそのあとのマイケルの行動を見れば先輩達がしてきた闘う民衆の気持ちを代弁した歌をマイケルも歌ってきた事は確実です。

マイケルも自分の肌の色に誇りを持って闘ってきた人です。
マイケルが言っていた「自分のルーツ」を少し見れたような気がしたのです。ですがなんだか長くなりそう(というか何を言ってるかよく分からなくなってきたw)なのでまた後日書かせていただきます。

音楽素人なので勉強不足の所がありましたらご指摘いただけるとうれしいですm(_ _)m
スポンサーサイト

« »

01 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

チャー

Author:チャー
当ブログは、チャーが管理するマイケル・ジャクソンファンブログです。
知れば知るほど、マイケルの魅力、素晴らしさにあわあわウホウホしている毎日です。
生前は知ろうとしなかった分、精一杯マイケルを知って愛していこうと思っています。マイケル関連のイラスト、マンガをうpしてます。全体的に妄想多し。妄想系が苦手な方は広い心で見逃してやってください。
その他ときおりクラシックバレエ関連も。

リンクフリー。報告は任意です。

《チャー》
北海道在住の20代女。精神年齢は一桁。
最近、マイコーのお嫁さんになることを夢見続ける決心をしました。
好きな言葉はマイケルが言う「I Love You」。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。